Merzbow "Gomata" (2017:Hypnagogia)

 広がりあるノイズが拡散した。鋭さよりも細密な噴出が先に立つ。

続きを読む

Hatobana (2016:Rustblade)

 メルツバウが破壊志向でなく、音色としてノイズを選択と実感した。
 ここ数年の活動をまとめたオムニバス式のアルバム。バラエティに富み、メルツバウやノイズの入門者向。

続きを読む

抜刀隊:Batztoutai with Memorial Gadgets (1986:RRRecords)

 メルツバウには珍しくコラージュを多用した初期作品。

続きを読む

Aodron (2017:Automation Records)

 重低音の圧迫も少なめで、意外と聴きやすいノイズ作品。

続きを読む

Process And Reality (2016:Cuneiform Records)

 ドラムとギターのせめぎ合いに電子音が乗る構成。メルツバウ目当てだと拍子抜けのミックスだ。

続きを読む