FC2ブログ

B.A.L.L. 「Four "Hardball"」(1990)

 パンクとスカム、ずぶりとサイケ。散漫だが力は籠ってる。

続きを読む

Tamara Woestenburg 「The Colony」(2016)

 サイケな風景が優美なポップスと混ざった。

続きを読む

TZ 4020:Kramer "The Brill Building, Book Two Featuring Bill Frisell" (2017)

 幅を広げたユダヤ人ポップス作曲家集の第二弾。

続きを読む

Drazy Hoops 「Straight To Black」(2008)

 低音でじんわり歌うSSW。クレイマーの手腕で少しサイケ風味をぱらり。

続きを読む

Jad Fair & Kramer 「The History Of Crying」(2017)

 甘くふくよかに成熟したソフト・サイケなポップス。

続きを読む