John Zorn 「Sonny Clark Memorial Quartet:Voodoo」(1985)

 ピアニスト、ソニー・クラークのトリビュート盤をジョン・ゾーンが編んだ。

続きを読む

Steve Beresford, David Toop, John Zorn, Tonie Marshall 「Deadly Weapons」(1986)

 架空の映画サントラなコンセプト。当時は前衛なアプローチだった、のだろう。もう30年前、売り出し中のゾーンが参加した。今、特にジョン・ゾーン目線で聴くと、現在のラウンジ路線の萌芽ともとれる。

続きを読む

Company 91 「Volume 3」(1994)

 欧州風味の即興ライブへジョン・ゾーンが参入したライブ盤3タイトルの1枚。

続きを読む

Steve Beresford 「Signals for Tea」(1994)

 二回りヒネってスインギーなジャズ・ボーカルに仕立てた怪盤。どの辺の立ち位置で聴くか悩むユーモア感を楽しむべきか。

続きを読む

Derek Bailey, George Lewis and John Zorn 「Yankees」(1983)

 若かりしジョン・ゾーンとジョージ・ルイスが巨匠の胸を借り、即興を追求した。

続きを読む