FC2ブログ

表紙

目次 TZADIK:John Zornのレーベル 明田川;明田川荘之 Prince:プリンス
ランダムにCDの感想:
(A~F)、(G~L)、(M~Z)(コンピ盤、あ~ん)

渡辺香津美 「Endless Way」(1977)

 表情四態。堂々とエレキギターを弾きまくる若かりし渡辺が聴ける。

続きを読む

Jimmy Smith 「Plain Talk」(1968)

 気が抜け気味なセッションながら、ジャムの色を楽しむ盤。

続きを読む

Four Tops 「Still Waters Run Deep」(1970)

 ごった煮なコンセプトだが、良カバーを収録してる。

続きを読む

Tony Williams Lifetime 「Ego」(1971)

 散漫ながらアイディア模索の盤とみるべきか。

続きを読む